日本和装やめました④ 恐怖のセミナー

ついに来た、帯セミナー

セミナーという名の販売会です。

私の時の帯セミナーは京都の老舗帯メーカー。
セミナー会場(といっても15畳くらいのお部屋)には壁沿いにズラッと美しい帯や着物が並べられていました。

午前中は帯の織り方の説明

すっごく緻密な作業を時間をかけて職人さんが織っているというのがよく分かりました。
帯が高額なもの納得。芸術品を買うようなもんです。

繭を触らせてくれたり、普段体験できないようなことができました。

セミナー講師の胡散臭さよ・・・

このセミナーの講師の男性がこれまた胡散臭い・・・
このセミナーで会った、日本和装の他の営業の男性もこれまた胡散臭い・・・

講師の男性は「古い帯は柄や色使いが派手すぎる!大事に畳んでタンスにしまっちゃおう」という意味のことを言ってました。これには少しひっかかったな。

古かろうが、派手だろうが、職人さんが一生懸命作ったものなんだから価値があるでしょうと。
それを使いたい気持ちに水を差さないで、と思いました。

説明は一生懸命してくださって、よく理解できたのも事実。

午後はお買い物の時間(キャピッ☆)

午前を終えたら、お弁当を食べて午後のコーディネートセミナー。
気に入ったものを着てみて、買う買わないの交渉に突入です。

私は、気に入った着物がなくて、ついてくれた女性スタッフの方があれやこれやカウンセリングしてくれて、なんとか選んできせてもらいました。
緞子の美しい帯(これは気に入ってた)も巻いてもらう。

たしかにとっても素敵なコーディネートだけど、総額80万以上になったので諦める。

(このとき、女性スタッフの方は「着物が入ると高いから、値段聞くだけにして帯を頑張りましょう」と言ってた)

そこで提案されたのが帯と草履、長襦袢のセット。全部で37万円でした。

 

うーん、思い出して書いているとすごい値段。

 

午前中に、帯の価値を刷り込まれていたため、ちょっとだけ考えて契約してました。。。

よく考えれば高いのだけど、その時は狭い部屋で長時間拘束され、まともな判断ができなくなってたんだと思う。
「買わなきゃ帰さない!」という雰囲気ではなかったけど、セミナー参加者全員がなにかしら購入してたもの・・・
多分みんな30万前後の契約をしていたようで。先生と講師の男性はニコニコしてた。
買ったひとが多かったから、「買わなきゃ帰さない!」の雰囲気ではなかったのかも。

 

まあ、安いものではないのは分かるんだけどね。。。

このセミナーの売りは、

  1. 注文があってから織るから、店頭品のように誰かの手に触れていないきれいな状態のものが購入できるということ
  2. 最新のデザインが購入できるということ
  3. 問屋を介さないで、メーカーから直接買うので、市場価格より安いこと

1と2はそうかもしれないけど、3は嘘です。日本和装のマージンが入るので、決して安くはない。
でも呉服って定価がないみたいだし、信頼できるお店で納得して買うのがいいんだろうなあと思いました。
品質はいいんだけどね・・・

さて、私はこの後、悩みに悩んで、一式をキャンセルすることになるのです。。。

コメントを残す

*