単や夏の着物について考える②

さて、①では襦袢について書きました。
今回は着物と帯についてです。

着物について

夏の着物といえば、5、6、9、10月は単(ひとえ)。
7月、8月は絽や紗。

と一般的には言われていますが。
6月も9月も十分暑い現代。気候に合わせて流動的になってもいいと思っています。

わたしの試行錯誤!

昨年の夏、友人の結婚式にあたり、色々と考えました。

できれば訪問着がいいと思ったのですが、絽や紗の訪問着なんてなかなか見つからなく。

中古で探しましたが、値段もデザインもカワイイ物が見つかりませんでした。(カワイイのは高価。世の常ですね。。。)

そこですっきり涼しげ、な紺の色無地(化繊)を買ってみました。
ヤフオクで3900円でした。
イメージはこんな感じ。

 

でもやっぱり、30歳が結婚式に着るには地味で地味で・・・
こちらは着ないことにしました(›´ω`‹ )

もう一度、手持ちの着物を見てみると、単が2枚。

薄い水色に波の地模様が入った色無地。(正絹)

もう一枚は紬の付下げ。(正絹)

う~~~~~ん、式は7月。前半とはいえ、7月です。

着てみたけどやはり暑い。
汗でダメにしてまうことが容易に想像できました。

やはり化繊がいいかと思い、また本腰入れて絽か紗を探しました。

そして中古で見つけたこちら。

4050630a5a9cbdce7c67b0818fa0d351

楽天で4,900円でした。小紋ですが、鮮やかなブルー!

結婚式場は屋外で、プールのある、カジュアルめな式場。ぴったりかも!と思い、こちらにすることにしました。

着物が決まれば、次は帯。絽の袋帯で着物に合って、かわいくて、お手頃価格で・・・

んなもん、ない!(絶叫)

というわけで、袋帯は諦め、名古屋でもいいやと思って探すことに。

そして見つかりました、某フリマアプリで2000円。未使用品とのこと。

正絹の名古屋帯。かわいい。

IMG_20150717_211727

帯締めは苧環(おだまき)のついたカワイイこちらを購入。
帯とよく合って、我ながらかわいい。

きっと、ホテル等ではこのコーディネートではちょっとためらうかもですが、
カジュアルめな会場であったこと、参列者に着物の人が他にいなかった、ので結果オーライでした。

むしろ「暑いのに着てくれてありがとう!華やかになった!」と新婦から喜ばれました。

natsu02

会場で、屋外でフラワーシャワー中に小雨が降ったのですが、会場のスタッフの方がすかさず傘をさしてくれました。

やはり着物を着てるとサービスが手厚いです(^^)

というわけで、今回の7月の結婚式で着用した着物一式はこちら。

    • 楽天で中古で購入した化繊の絽の小紋。4900円。

【購入元】着物屋くぼた

こちらはおしゃれで状態のいい中古のお着物を扱っています。お値段もお手頃。発送や梱包も丁寧でした。なにより、コーディネートされた状態のお着物を見られるのがいい!イメージが膨らむし、勉強になります。

いま狙ってるのはこちら。大きめの柄がかわいい♡

新品 四季の梅 小紋 和服 和装 着物 袷

新品 四季の梅 小紋 和服 和装 着物 袷
価格:10,584円(税込、送料込)

 

    • 東レの化繊、爽竹の長襦袢。2万弱。
      • 絽の名古屋帯。2000円。
      • 苧環の付いた帯締め。
      • 夏用の帯揚げ。

なかなかいいお買い物だったんじゃないかと思っています(^^)
夏用の帯は、白地であることが多いので、お着物は白地は選ばない方は苦労しないということがわかりました。

コメントを残す

*